☆ 温泉の定義
 日本では、昭和23年に制定された温泉法により「温泉」とは「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、別表に掲げる温度、又は物質を有するもの」と定められています。
 したがって、地中から湧出する際の温度が、25℃以上であれば無条件で温泉ということになり、また、25℃未満であっても別表の物質(19種類のうちいずれかひとつ以上)の条件をみたせば、温泉ということになります。

1.温度  温泉源から採取されたときの温度 25℃以上
2.物質  下にあげるもののうち、いずれか1つ以上

     物 質 名    含 有 量(1s中)
  溶存物質(ガス性のものを除く)   総量1,000r以上
  遊離炭酸(CO2)   250r以上
  リチウムイオン(Li+)   1r以上
  ストロンチウムイオン(Sr++)   10r以上
  バリウムイオン(Ba++)   5r以上
  フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++)   10r以上
  第一マンガンイオン(Mn++)   10r以上
  水素イオン(H+)   1r以上
  臭素イオン(Br’)   5r以上
  沃素イオン(I’)   1r以上
  ふっ素イオン(F’)   2r以上
  ヒドロひ酸イオン(HAsO4’’)   1.3r以上
  メタ亜ひ酸(HAsO2)   1r以上
  総硫黄(S)[HS’+S2O3’+H2S対応するもの]    1r以上
  メタほう酸(HBO2)   5r以上
  メタけい酸(H2SiO3)   50r以上
  重炭酸ソ−ダ(NaHCO3)   340r以上
  ラドン(Rn) 20(百億分の1キュリー単位)以上
  ラジウム塩(Raとして)   1億分の1r以上
 
 
「温泉の泉質」は、温泉水に含まれている成分と、含有量などによって、幾つかのグループに分けられています。一般的に使われている「掲示用新泉質名」で、温泉の泉質は、単純温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、含アルミニウム泉、含銅鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉に大別されています。又準天然温泉という表示も最近はみかけます。
 
1.単純温泉
 泉温が25℃以上で、温泉水1s中に含有成分が1,000mgに満たないものです。PH8.5以上のものをアルカリ性単純温泉と呼んでいます。肌触りが柔らかく、癖のない温泉で、多くの温泉地にみられる泉質で含まれている成分が薄い温泉ですが、刺激が少ないという意味で、高齢者や骨折・外傷後の療法、病後回復期などに適していて、飲用により軽い胃腸炎に効能があり、無色透明、無味無臭の湯は入り心地がよいことから、名湯と呼ばれるものも数多くあります。

2.二酸化炭素泉
 単純炭酸泉は温泉水1kg中に遊離炭酸1g以上を含むもの。温度が低いのが特徴ですが、炭酸ガスが血液の循環をよくするので湯上りはポカポカします。入湯すると全身に炭酸の泡が付着、飲用では炭酸の爽やかな喉越しを楽しめます。日本では比較的少ない泉質です。
 効能は保温効果が高く、飲用すると胃腸を刺激し消化を促進、鎮静作用があります。

3.炭酸水素塩泉 
 重曹泉は温泉水1kg中に含有成分が1g以上で陰イオンの主成分が炭酸水素イオンのものです。陽イオンの主成分により、ナトリウム−(重曹泉)、カルシウム・マグネシウム−(重炭酸土類泉)などと分類されます。カルシウムイオンやマグネシウムイオンが溶存し、鎮静作用や炎症を抑える働きがあることから、アレルギー性疾患や慢性皮膚病に効能があるとされ、飲泉効果としては慢性胃腸病、尿酸結石、膀胱炎、糖尿病に効能があります。又重曹泉は、皮膚の表面を軟化させ、脂肪や分泌物を乳化して洗い流すため、湯上りの清涼感と共に肌が滑らかになるので、「美人の湯」とよばれています。
 効能は血液循環の効能に加え、高血圧、動脈硬化、更年期障害、不妊症、慢性消化器、慢性便秘、清涼感、その他単純温泉の効能に加え、火傷、切り傷、慢性皮膚病 、痛風、糖尿病、胆石、肝臓病があります。

4.塩化物泉
 食塩泉は温泉水1kg中に含有成分が1g以上で陰イオンの主成分が塩素イオンのもの。陽イオンの主成分により、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどと分類されます。日本では比較的多くみられる泉質で、海水に似た成分を含み、なめると塩味が特徴で、肌に付着した塩分が汗の蒸発を防ぐので、保温効果が高く「温まる温泉」や「熱の湯」と呼ばれることが多く、強食塩泉の場合薄めて飲泉すれば、胃腸の分泌や運動が盛んになることから「胃腸の湯」とも呼ばれる温泉です。
 効能は保温 単純温泉の効能に加え、火傷、切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童、貧血、慢性消化器病、慢性便秘、胃腸病、肝臓病、慢性の便秘があります。

5.硫酸塩泉
 温泉水1s中に含有成分が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオンのものです。陽イオンの主成分により、ナトリウム−硫酸塩泉、カルシウム−硫酸塩泉、マグネシウム−硫酸塩泉などに分類されます。
 効能は芒硝泉----飲用すると胆道疾患(胆汁の分泌促進)、慢性便秘、肥満症
      石膏泉----慢性関節リウマチや打ち身(鎮静作用)、高血圧
      正苦味泉--高血圧、脳卒中の予防、麻痺の改善を促進

6.含鉄泉
 温泉水1kg中に総鉄イオン(鉄U・鉄V)が10mg以上含有するもの。陰イオンにより炭酸水素塩型と硫酸塩型に分類されます。
空気に触れて酸化が進み赤褐色のお湯になるのが特徴です。
 また、鉄の含有量が10mgに達していない場合は、炭酸水素塩泉や硫酸塩泉等に分類されますが、鉄の酸化により含鉄泉と同じく赤褐色や茶褐色になります。血液に欠かせない鉄分を主成分にしているため、貧血症に効能があり、半透明の緑色をした緑礬泉などは、銅なども含むことから、一段の造血作用が高くなるといわれます。
 効能は皮膚病、生理障害、貧血、造血作用、更年期障害、水虫に効果があります。

7.含アルミニウム泉
 温泉水1s中に含有成分が1,000mg以上あり、陰イオンとして硫酸イオン、陽イオンとしてアルミニウムを主成分とするものです。アルミニウム・鉄(U)−硫酸塩泉があります。
 効能は皮膚や粘膜を引き締める収れん作用が強く、慢性の皮膚疾患や結膜炎など慢性の粘膜疾患に効能が高く、「眼の湯」と呼ばれるところが多く、また手足の多汗症や静脈瘤にも効くとされる温泉です。

8.硫黄泉
 硫化水素泉は温泉水1kg中に総硫黄1mg以上含まれるものです。単純硫黄型と硫化水素型に大別され、卵の腐敗臭に似た特有の臭いがするのは、硫化水素による日本では比較的多くみられる泉質です。たんが切れるので「たんの湯」、よく温まるので「心臓の湯」ともいわれ、また、腸の働きを盛んにするので便秘や皮膚病に効能がありますが、刺激が強いので、体の弱っている時の入浴は避け、湯あたりや皮膚炎も起こしやすいので、皮膚・粘膜の弱い人は注意を要する温泉です。
 効能は血液循環がよくなり、単純温泉の効能に加え、慢性婦人病、慢性皮膚病、糖尿病、切り傷、糖尿病、痛風、便秘です。


9.酸性泉
 温泉水の中に多量の水素イオンを含有しているものです。多くは遊離の硫酸や塩酸の形で含まれ、強い酸性を示します。ヨーロッパ諸国では殆どみられませんが、日本では比較的多い泉質です。強い酸性を示すので、湯が肌にしみるほど刺激が強く、抗菌力があるので水虫などによく効くとされ入浴後に真水で洗い流すことにより、湯ただれは防げますが、肌の弱い人には不向きともいえる温泉です。
 効能は抗菌力が大きく慢性皮膚病、慢性婦人病、生理障害、関節痛、糖尿病、貧血、慢性消化器病に効能があります。

10.放射能泉
 温泉水1s中にラドンを20(百億分の1キュリー単位)以上含有しているものです。放射能というと人体に悪影響を及ぼすと考えがちですが、ごく微量の放射能は、むしろ人体に良い影響を与えることが実証されています。日本の放射能泉の多くはラドンを主体としていることから、ラジウム泉とも呼ばれ、吸収はよいが空気中に放散されやすいので飲泉は源泉近くが効能が大きく、利尿作用に優れています。痛風や慢性の尿路疾患に効用が有ります。
 効能は細胞活性化で高血圧、動脈硬化、慢性皮膚病、慢性婦人病、リウマチ 痛風、慢性消化器、神経痛、胆石、関節痛です。

11.準天然温泉
 天然温泉ではありませんが、宝石、活性石等を使い温泉の効能をだした温泉。
 麦飯石、トルマリン原石等が代表的です。

--- END ---
                             
温泉の泉質と効能
index001004.gif
- 018 -
free_003_02.jpg
index001001.gif
中国地方の日帰り温泉
index001002.gif
index018001.gif
index001002.gif
トップページ
 
鳥取県温泉
島根県温泉
岡山県温泉
広島県温泉
山口県温泉
 
鳥取県地図
島根県地図
岡山県地図
広島県地図
山口県地図
 
露天風呂
秘  湯
源泉成分
優良施設
濁  湯
県別お勧
onsen_m.jpg